受講した大学生諸君からのメッセージ

『ニッポン技術者の使命』
受講した大学生諸君からのメッセージを掲載します。

*******************************************************

東京大学工学部、東邦大学大学院理学研究科、芝浦工業大学、北九州市立大学、東京工業大学など、向学心にあふれる学生諸君からのメッセージの一部をご紹介します。人材育成が喫緊の課題といわれる現代社会が直面する課題解決のヒントが見つかることを期待します。
取り纏め:丸善㈱出版事業部

*******************************************************


● 本当に様々な新しい知識を吸収することができたと思います。講義を通してこれからの私達の役割や日本の将来像について具体的なイメージが湧いてきました。また日本や、日本人の世界における存在感や果すべき役割の大きさを、講義の度に実感することができました。将来の問題点の多さに愕然としてしまうこともありましたが、同時に多くの希望や可能性のあることを知りました。10年後、20年後の社会が本当によい社会となるように自分たちの役割をシッカリ果していきたいと思います。本当にありがとうございました。
(東京大学大学院工学系研究科1年)

● 面白い、かつ有用な講義であったと思います。私はこれから技術者として進むことにいいようのない不安を持っていました。その漠然とした不安が何であるかについて明確にし、それに代わる様々な希望をこの授業で知ることができました。(東京大学工学部3年)

● 今まで様々な勉強をし、読書をしてきたが、この講義はそれらと全く違う角度からみることで、倫理観など、ともすると軽視されがちなことの重要性を再認識できました。今後もこのような内容について人から学ぶ機会は殆どないように思われるほど、非常に有意義な講義でした。自分の人生に、判断基準の根底の考え方のひとつが加わったと思います。
(東邦大学大学院理学研究科1年)

● 今までは快適かつ平和に生きるため、人々は先ず自分のため、自分の国のために考え行動してきた。そろそろ全体のためを考え、人類の未来のために、日本の長所を生かした立場で役割をしっかり遂行できるようにしたいと思う。
(芝浦工業大学工学部3年)

● 先生の講義を受講して、学ぶことの意義や社会貢献の意味、また一生懸命に物事をやる大切さなどを理解することができました。そのことが僕自身を完全に変えました。今は遊ぶ暇を一切慎み、先ず留年しないために努力をしました。単位が一個も落とせない状況から、自分はよくここまでやれたと思います。これからも努力を続け、社会貢献したいと思います。                 (芝浦工業大学工学部3年)

● 創造性には、“ひらめき”が大事で、“ひらめき”を生むには、さまざまな知識と体験が必要だし、それには努力が必要であると思うようになりました。また、自分にも、創造性があると思えるようになり、勇気が湧いてきました。素晴らしいモノづくりを行なうには、専門性ばかりでなく、他分野のことも多く学ばねばならないことに気付きました。
(芝浦工業大学工学部3年)

● 先生はどうして、他の人と異なる視点で、講義ができるのでしょうか。僕たちにもそうした取り組みができるようになるのでしょうか。
(北九州市立大学環境工学部1年)

● 自分の将来、日本の将来について不安を抱いておりました。また、自分が受身になっていることに気が付きました。自分の将来、日本の将来を作るのは、自分に他ならないと思いました。広く学び、何でもやってみようと思います。
(東京工業大学7類1年)

ⒸJマインド・イノベーション研究会(08-9-15更新)
Iida Hiroshi

飯田 汎

Author:飯田 汎

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード